昨日の為替相場(2019/01/22)「ハイレベルでの米中協議が予定通り行なわれる」

昨日の為替相場(2019/01/22)「ハイレベルでの米中協議が予定通り行なわれる」

昨日の為替相場(2019/01/22)「ハイレベルでの米中協議が予定通り行なわれる」

2019/01/22のドル円チャート

 

 

1月22日のUSD/JPY相場は、東京午前こそ109円60銭水準でもみ合っておりましたが、日経平均や米株先物の軟調推移をにらんで軟調な推移となって、ヨーロッパ時間序盤には109円30銭水準まで値が下落しました。

 

アジア株安の影響を受けて休場明けとなるアメリカ株市場へ警戒感が出たとの指摘が有ります。

 

今回の下落でボリンジャーバンドの下抜けと軽いバンドウォークの動きが見られます。

 

それ以降は、ニューヨーク序盤まで、109円30銭から109円50銭水準での方向感の無い動きが継続しました。

 

ニューヨーク序盤においては、12月の米中古住宅販売件数は予想を下回り3年振り低水準に落ち込んだ事や国際通貨基金(IMF)が2019年の世界経済の成長率予想を下方修正した事、加えてイギリスフィナンシャル・タイムズ(FT)が、アメリカと中国が月末に開く閣僚級の貿易協議を巡って「トランプ米政権が予備協議の開催を断った」と報じた事等を受け、ドルは一時109円14銭まで下がってしまいました。

 

しかしながら、その後にクドロー米国家経済会議(NEC)委員長が「ハイレベルでの米中協議が予定通り行なわれる」とFTの報道を否定した事によって109円30銭水準まで値を戻してニューヨークを引けております。

 

昨日は一貫してドルが軟調な動きを続けましたが、テクニカルから言えば価格の下落の割に、RSIは東京昼過ぎからほとんど底打ち状態となっていて、ドルの下値の堅さが窺えます。

 

また、MACDも買い転換の兆候を見せていて、今日の東京時間においては109円前半は底堅くなって来る可能性が高い様に思われます。

 

 

今日の主な経済指標(2019/01/23)

  • 08:50 12月 貿易統計(通関ベース、季調前)(日本)
  • 08:50 12月 貿易統計(通関ベース、季調済)(日本)
  • 15:30 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見(日本)
  • 22:30 11月 小売売上高 [前月比](カナダ)
  • 22:30 11月 小売売上高(除自動車) [前月比](カナダ)
  • 24:00 1月 リッチモンド連銀製造業指数(アメリカ)
  • 24:00 1月 消費者信頼感(速報値)(EU)
  • 未定 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表(日本)

 

 

お勧めの海外FX業者 LandFX

  • 入金ボーナスが最大50万円
  • 約定スピードが0.035秒
  • ドル円スプレッドが平均0.8pips
  • 最大レバレッジが500倍
  • ゼロカット採用だから追証無し

 

 

 

 

 

トップへ戻る