昨日の為替相場(2019/01/30)「保有資産の縮小に関して修正する準備がある」

昨日の為替相場(2019/01/30)「保有資産の縮小に関して修正する準備がある」

昨日の為替相場(2019/01/30)「保有資産の縮小に関して修正する準備がある」

2019/01/30のドル円チャート

 

1月30日のUSD/JPY相場は、東京時間からヨーロッパ時間に掛けては109円前半で小動きが継続しました。

 

日本や中国の株安を要因としてドルの上値の重い展開ながら、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え、様子見ムードが広がったのです。

 

ニューヨーク時間に入ると、序盤に発表された1月のADP全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数の増加幅がマーケット予想を大きく上回ったことを受けてドル買いが優勢となって、一時109円74銭の高値を付けたのです。

 

この上昇でボリンジャーバンドの上方バンドを上抜けたものの、その場だけの動きに終わっていてFOMC待ちムードの強さが示唆されておりました。

 

また、価格は東京時間の高値を上抜いたものの、RSIは高値更新が出来なくて、ドルの上値が詰まっている事が示唆されております。

 

注目のFOMCにおいてはマーケットの予想通り政策金利を据え置いた他、一時利上げをストップする可能性をにおわせた他、保有資産の縮小に関して「修正する準備がある」と話した事によって金融政策の正常化に慎重なハト派色が一気に強まったと受け止められ、ドル売り圧力が強まり、一時108円81銭と、17日以来の安値を付けたのです。

 

FOMCの結果を受けドルの上値が重くなったが、今週はまだ米中通商協議やアメリカ雇用統計の発表が残っていて、それらの結果待ちの動きが継続しそうな感じがします。

 

 

今日の主な経済指標(2019/01/31)

  • 08:50 12月 鉱工業生産・速報値 [前月比](日本)
  • 08:50 12月 鉱工業生産・速報値 [前年同月比](日本)
  • 19:00 10-12月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前期比](EU)
  • 19:00 10-12月期 四半期域内総生産(GDP、速報値) [前年同期比](EU)
  • 19:00 12月 失業率(EU)
  • 22:30 10-12月期 四半期雇用コスト指数 [前期比](アメリカ)
  • 22:30 12月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比](アメリカ)
  • 22:30 12月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比](アメリカ)
  • 22:30 12月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前年同月比](アメリカ)
  • 22:30 12月 個人所得 [前月比](アメリカ)
  • 22:30 12月 個人消費支出(PCE) [前月比](アメリカ)
  • 22:30 前週分 新規失業保険申請件数(アメリカ)
  • 22:30 前週分 失業保険継続受給者数(アメリカ)
  • 24:00 11月 新築住宅販売件数 [年率換算件数](アメリカ)
  • 24:00 11月 新築住宅販売件数 [前月比](アメリカ)
  • 30:00 11月 対米証券投資(アメリカ)
  • 30:00 11月 対米証券投資(短期債除く)(アメリカ)

 

 

お勧めの海外FX業者 XM Trading

  • レバレッジが最大888倍
  • 口座開設ボーナス3000円が貰える
  • 入金ボーナス最大14万円が貰える
  • ゼロカット採用だから追証無し

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る