昨日の為替相場(2019/02/01)「辛抱強く待つのが適切」

昨日の為替相場(2019/02/01)「辛抱強く待つのが適切」

昨日の為替相場(2019/02/01)「辛抱強く待つのが適切」

2019/02/01のドル円チャート

 

先週末2月1日のUSD/JPY相場は、東京からヨーロッパ時間にかけては、ニューヨーク時間に発表されるアメリカの雇用統計待ちで積極的な取引は見られず108円後半での小動きが継続しました。

 

前日の下押しから反発しましたが、109円が上値の壁となりました。

 

注目の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比30万4000人増と予想の16万5000人増を大きく上回り、その影響でてドルは109円を超えたものの、それ以降は、前月の数値が下方修正されたことや失業率の悪化、平均時給が前月比で予想以下だった事等を理由に伸び悩みの動きとなっていました。

 

しかしながら、その後に発表された1月米ISM製造業景気指数が56.6と予想の54.2を上回った事が分かると再度ドル買いが優勢となって、加えて1月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)が91.2と予想の90.8を上回った事もドルの支援材料となって、一時109.58円の高値を付けたのです。

 

この上昇で、ボリンジャーバンドの上抜けとバンドウォークが形成されている事が確かめられます。

 

ニューヨーク引けにかけてもドルは高値圏で推移し、109円50銭水準で週を越えています。

 

先週末は、アメリカの良好な経済指標を受けてドルの買い戻しが強まったものの、FRBは金融政策を決定するに当たって不透明感が晴れるまで「辛抱強く待つのが適切」との立場を既に公言していて、しばらく経済指標の推移を見守る可能性が高く、今の時点では一段のドル高の流れとなる可能性は低いとの指摘も聞かれております。

 

 

今日の主な経済指標(2019/02/04)

  • 08:50 1月 マネタリーベース [前年同月比](日本)
  • 18:30 1月 建設業購買担当者景気指数(PMI)(イギリス)
  • 19:00 12月 卸売物価指数(PPI) [前月比](EU)
  • 19:00 12月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比](EU)
  • 24:00 11月 製造業新規受注 [前月比](アメリカ)

 

 

お勧めの海外FX業者 LandFX

  • 入金ボーナスが最大50万円
  • 約定スピードが0.035秒
  • ドル円スプレッドが平均0.8pips
  • 最大レバレッジが500倍
  • ゼロカット採用だから追証無し

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る