昨日の為替相場(2019/02/07)「米中首脳の貿易問題での合意には結構な距離がある」

昨日の為替相場(2019/02/07)「米中首脳の貿易問題での合意には結構な距離がある」

昨日の為替相場(2019/02/07)「米中首脳の貿易問題での合意には結構な距離がある」

2019/02/07のドル円チャート

 

2月7日のUSD/JPY相場は、前日と一緒で109円後半で方向感が無い動きが継続しました。

 

110円台にタッチするものの滞空時間は短く、株安やアメリカを巡る政治リスク等によって110円台に定着する事が中々できないのです。

 

海外時間でも、ヨーロッパなど世界景気の減速懸念を理由に欧米の株式相場が下がった事によってドルの上値が重くなって、またアメリカと中国の貿易協議を巡る不透明感もドルの重しとなったのです。

 

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が、米中首脳の貿易問題での合意を巡って「結構な距離がある」と発言したと伝わった事や、トランプアメリカ大統領が貿易協議の期限である3月1日までに中国の習近平国家主席と会う可能性はかなり低いと伝えられた事等によって、ドルは一時109円61銭まで下がりました。

 

とは言っても、引けに掛けては、ドルの買い戻しも強まり、前日のニューヨーク終値近辺の109円90銭水準まで戻って引けております。

 

テクニカルで確認しても、ボリンジャーバンドの幅の拡大縮小の動きは見られず、MACDもゼロ近辺でシグナルと交錯していて、方向感が出ていない事が示唆されております。

 

今日も、USD/JPYは小幅な動きに終始するとの見方が強く、一方向への動きはまだ見られそうにないです。

 

 

今日の主な経済指標(2019/02/08)

  • 08:50 12月 国際収支・貿易収支(日本)
  • 22:30 1月 新規雇用者数(カナダ)
  • 22:30 1月 失業率(カナダ)

 

 

お勧めの海外FX業者 LandFX

  • 入金ボーナスが最大50万円
  • 約定スピードが0.035秒
  • ドル円スプレッドが平均0.8pips
  • 最大レバレッジが500倍
  • ゼロカット採用だから追証無し

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る